小山実稚恵さんのピアノコンサート   

c0013438_19575922.jpg
本日さいたま市文化センターで開かれた小山実稚恵のピアノコンサートに出かけた。
小山実稚恵さんとは妙に縁がある。彼女がまだ大宮に住んでいた時から家内のプール仲間で、その後あれよあれよという間にショパンとチャイコフスキーの国際コンクールで入賞して国際的なピアニストへ。そして結婚されて田園調布へ住まわれているときに、我が方も転勤で近くに住むことになり自宅へお邪魔したことも。
実稚恵さんは今もそのことをよく覚えていて、今日もサイン会の場でしばしの会話を楽しんだ。
c0013438_19590778.jpg
c0013438_20522562.jpg

c0013438_20530555.jpg

[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-10-21 20:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

小山実稚恵さんのピアノコンサート   

c0013438_19575922.jpg
本日さいたま市文化センターで開かれた小山実稚恵のピアノコンサートに出かけた。
小山美知恵さんとは妙に縁がある。彼女がまだ浦和に住んでいた時から家内のプール仲間で、その後あれよあれよという間にショパンとチャイコフスキーの国際コンクールで入賞して国際的なピアニストへ。そして結婚されて田園調布へ住まわれているときに、我が方も転勤で近くに住むことになり自宅へお邪魔したことも。
実稚恵さんは今もそのことをよく覚えていて、今日もサイン会の場でしばしの会話を楽しんだ。
c0013438_19590778.jpg
c0013438_20522562.jpg

c0013438_20530555.jpg

[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-10-21 20:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

彩懐石 うらわ高砂   

c0013438_14202488.jpg

c0013438_14202621.jpg

c0013438_14202736.jpg

c0013438_14202845.jpg

c0013438_14202980.jpg
先日娘の計らいで家族食事会を開いた。一度行ってみたいと思っていた懐石料理の店。
落ち着いた個室でゆったりと食事ができた。

[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-09-17 14:17 | さいたま | Trackback | Comments(0)

ひまわり畑   

埼玉県の農林公社が見沼田んぼの休耕地に景観用にたくさんのヒマワリを植えている。秋の空を背景に咲き乱れており今が見ごろ。来年はわれわれNPOでこの畑を借りて菜の花の花を咲かせ、菜種油をつくる予定だ。
c0013438_10201401.jpg

[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-08-25 10:24 | さいたま | Trackback | Comments(0)

緑陰教室   

昨日は「菜の花農業体験教室」でカボチャの収穫と見沼たんぼの成り立ちを勉強するイベント。
猛暑の中でしたが、氷水で冷やしたスイカとキュウリを食べながら楽しく学習ができました。
瓢箪やカボチャがぶら下がる緑陰で気持ちよく眠り込む子どももいて・・・。
帰りは大きなカボチャとよく熟れた小玉スイカがおみやげ。

c0013438_13422178.jpg
c0013438_13424938.jpg
c0013438_13433156.jpg
c0013438_13435463.jpg
c0013438_13431073.jpg


[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-08-12 13:46 | シニア仲間 | Trackback | Comments(0)

大和田公園花火大会   

一昨日恒例の大和田公園花火大会が開催された。いつもNPOの農業体験活動で使っている畑が打ち上げ会場になるので、メンバーのHさんの敷地の一等地に10人余りで陣取ってビールで乾杯しながら花火を鑑賞した。カンパーイ!

c0013438_16264837.jpg
c0013438_16263783.jpg
c0013438_16265903.jpg
c0013438_16280858.jpg
c0013438_16281722.jpg




[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-08-01 16:32 | シニア仲間 | Trackback | Comments(0)

清酒『九重桜』醸造元 大瀧酒造   

見沼たんぼ未来遺産プロジェクトで発行している「見沼旬彩」の秋号で近くの大瀧酒造を紹介することとなり、先日蔵元を訪ねて当主の大瀧榮壽氏から話を聞き醸造所内を見せてもらった。
同じ「瀧」仲間であるのと、自分自身も醸造に縁があるので話が弾んだ。

掲載予定の紹介記事:

 眼下に広がる膝子のたんぼを一望し、はるかその先に銀色に輝くつばさを広げた「埼玉スタジアム2002」を望む格好の地に大瀧酒造があります。明治17年に創業し、以来134年、当主大瀧榮壽氏は5代目。各種品評会で数々の受賞に輝き、全国新酒鑑評会では通算12回も金賞を受賞したさいたま市を代表する蔵元です。

 酒造りに大切な米は自前のたんぼで育て、水は敷地内の井戸水を使っている。ここで醸造される酒はまさに《見沼たんぼの恵み》といえます。代表銘柄の「九重桜」は芳醇な吟醸、個性豊かな純米酒、旨味深い本譲造酒を取り揃え、呑み飽きしない味を醸しています。名前の縁で大相撲の九重部屋から特別注文を受けたこともあるそうです。

 「酒米はいろいろ試しているが、昨年採用した“彩のみのり”は辛口の大変旨い酒になった。搾りたての生酒はアルコール分が20度もあり旨いので是非味わってみてほしい」と勧められた。今年の搾りたて生酒は12月15日頃から蔵元で販売されます。

 所在地:見沼区膝子663番地 Tel 048-683-3006 Fax 048-683-3016
 ホームページ:http://otakisake.com/

c0013438_10141921.jpg
c0013438_10131471.jpg
c0013438_10133945.jpg
c0013438_10135425.jpg


[PR]

# by kuchan-nikki | 2018-07-30 10:57 | さいたま | Trackback | Comments(0)