ミネラル水は乳児によくない   

昨日のニュースで東京の浄水場の水から規制値を超える放射性のヨウ素131が検出されて心配されている。政府からは「ただちに健康を害することはないが、念のため乳幼児には飲まさないように」との指示が出て不安を拡大している。心配するレベルではないが、ヨウ素の放射能の影響を受けやすい乳幼児は注意するようにとのこと。

ニュースを聞いて、高校同期の鈴木君(元森永乳業)から電話があった。「放射能を恐れて赤ん坊にミネラル水を飲ませるなどとんでもない!」という。ミネラル水は硬水だから、下痢を起こして問題だそうだ。その後NHKニュースでも警告していたので皆さんご存じと思うが、今朝の民放ではまだ「ミネラルウォーターを」と叫んでいるので心配は残っている。

水道水から放射能が検出されたというニュースはショッキングな印象を与えるが、これも「1年間飲み続ければ」という前提の話で、さらに言えば、基準値そのものが大きな安全係数を見込んでいるので、たとえ1年間飲んでも何事も起こらない。

水素爆発等で事故原発から放出され、風で運ばれた放射性ヨウ素(揮発性の元素だから風で運ばれる)が葉物野菜の表面に付着したり、地面に落ちて雨で河川に流れるものが検出されている。この状態が長く続くことはない。過剰な反応は禁物である。

今もスーパーから水が消えたというニュースが流れている。大の大人は落ち着いて行動しよう。そして、東京都ばかりでなく各都道府県はモニタリング分析を早く行ってしっかり発表してほしい。

こんなことを書いていると、ちょうど今、埼玉県の川口市でも水道水から基準値をわずかに超えるヨウ素131が検出されたというニュースが流れた。引き続いて分析すれば、今に分析値が下がってくるはずだ。極めて微量だから測定に時間がかかるが、頑張ってほしい。

ミネラルウォーターをミルクに使う可否はこのサイトで。
[PR]

by kuchan-nikki | 2011-03-24 11:54 | ひとこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kuunikki.exblog.jp/tb/16095454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ベクレル? ヨウ素131? もったいない! ホウレンソウ >>