俳画-十薬の花-   

c0013438_18113172.jpg

「十薬」とは「ドクダミ」のこと。「十薬」というからには漢方薬として多くの効能があるのだろう。子どもの頃、お腹をこわすとこれを煎じたお茶を飲まされた覚えがある。香りは敬遠されるが、こうやって眺めると味わい深い花だ。
[PR]

by kuchan-nikki | 2007-08-01 18:17 | 絵画、写真 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kuunikki.exblog.jp/tb/6610616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 大宮の夏まつり 俳画-蓮の花- >>