小学校でのパソコン講座に思う   

c0013438_2227521.jpg

NPO活動の一環として、昨日と今日、2日間にわたって公民館主催のパソコン講座を小学校のパソコン教室で行った。受講者20名は主に60代の女性。

小学校のパソコン室には40台のパソコンが備えられている。ノート型とデスクトップ型が半々。小学校のため机が小さいのが難点であるが、20名の講座には支障がない。

施設を使わせてもらっていて注文を付けるのは申し訳ないが、非常に残念なことがある。それは折角の施設がキチンと管理されていないことである。マウスのボールがないために使えないパソコンが沢山放置されている。部屋の中も雑然としている。

このようなことでは子どもの教育上心配である。このように乱雑な部屋では子どもにキチンとした教育が出来るとは思えないのである。

有名な話であるが、かってニューヨークでは街中落書きだらけであったが、市長が代わり街中の落書きを消す運動を展開した結果犯罪が大幅に減ったという実例がある。教育の現場でも同じことである。学校の施設をキチンと管理することが教育の基本である。
[PR]

by kuchan-nikki | 2007-08-23 22:27 | ひとこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kuunikki.exblog.jp/tb/6789283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 菜の花子ども教室 俳画-カマキリ- >>