ゴルフと視力   

ゴルフの上手なKさんが、いよいよ白内障の手術をするという。
「いよいよ」というのは、ここ数年「やるぞやるぞ」といいながら、なかなか実現しなかったからである。いくら簡単な手術と言われても、なかなか踏ん切れない気持ちはよく分かる。特にKさんのように病気とは無縁の人は余計にそうだと思う。

Kさんと一緒にゴルフをすると、2打目には「グリーンはどっち?旗はどこ?」と聞いてくる。「あの高い木の右ですよ」と答えると、次の瞬間「ナイスオン!」ということになる。
これがゴルフ仲間ではシャクの種である。こちらはよく見えている旗を目の前にして、右や左、3つ目ぐらいにやっとオンとなる。

術後のKさんのスコアが上がるか下がるか、団地のゴルフ仲間でもっぱらの話題である。
[PR]

by kuchan-nikki | 2008-09-21 08:31 | シニア仲間 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kuunikki.exblog.jp/tb/9758551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ヤマボウシの実 あなたの誕生日は何曜日? >>