人気ブログランキング |

<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

種苗研究所農園   

c0013438_1904679.jpg
昼休みの散歩コースのひとつ
 広大な種苗農園。

大根がきれいにカットして並べてあった。

何を研究しているのだろう。

by kuchan-nikki | 2005-11-28 19:00 | 仕事がらみ | Trackback | Comments(2)

錦秋   

c0013438_10315886.jpg
ヤマボウシとドウダン
今朝 玄関先にて

by kuchan-nikki | 2005-11-26 10:49 | さいたま | Trackback | Comments(2)

クーちゃんの耳飾り   

c0013438_22141459.jpgc0013438_22141443.jpg
小さなサンタクロースの耳飾り。

ディズニーランドで買ってもらったんだ。

(リクエストによりアップで撮影)

by kuchan-nikki | 2005-11-21 22:14 | シニアのアイドル | Trackback | Comments(1)

優勝カップ   

c0013438_2304143.jpg
本日、○○○社ゴルフコンペで優勝!!

わーい! 優勝カップだ!!

by kuchan-nikki | 2005-11-20 23:05 | シニアのアイドル | Trackback | Comments(2)

新幹線内の風景   

c0013438_22361048.jpg

夜遅くの新幹線車内、目に見える範囲でパソコンを打っている人が3人。
世の中も変わってきた。

by kuchan-nikki | 2005-11-16 22:36 | 仕事がらみ | Trackback | Comments(2)

秋晴れの日曜日   

昨日は秋晴れの日曜日。午前はパソコン同好会の「エクセルを楽しむ会」、午後は「見沼区ふれあいフェア」において、NPO法人地域人ネットワークの展示ブースの店番。そして夕方日暮れ前には畑の大根とブロッコリーを収穫し、わが姉宅へ託送便で発送。・・・と、又もや綱渡りの一日となった。

c0013438_16571679.jpg
ふれあいフェアではご近所のHsさん、Kbさんの奥さま、Tj さんご夫婦などがお見えになり、NPO活動を激励していただいた。私が作ったパソコン無料相談会のパンフレットを持って行ってくれる人も多かった。充実した、しかし目の回る一日であった。

健康とよき伴侶とよき隣人に恵まれないとできない生活。全てに感謝し大切にして行きたいものである。(いや~ ちょっと優等生過ぎたね!)

by kuchan-nikki | 2005-11-14 14:32 | シニア仲間 | Trackback | Comments(3)

友来たる   

今日、古い友達が関西の田舎から東京まで出てきた。「Kちゃん(不肖私のこと)の話を聞きたい。いろいろ教えて欲しい。」といって、わざわざ新幹線で出てきた。

彼は田舎の町役場に勤めていたが、早目に退職し、新幹線を使っても2時間以上かかる遠距離通学で8年をかけて今春見事K大学の環境学の博士号を取った。60歳をはるかに越えて博士号とは見上げたものである。8年かけて勉強したので、あとボケるまでの8年間何か社会の役に立つことをしたいという。

と言うことで、私の専門領域のことで地元の役に立つことを構想しているので相談に乗ってほしいということであった。見上げた根性であり、こちらも相談に乗らないわけに行かない。いろいろ話を聞いて、そのあとは「銀座ライオン」に同窓生を集めて賑やかな懇談会をやった。

話を聞いて驚いた。今年、2度も死にかかったという。一度目は、風邪をこじらせて検査を受けると肺に陰があり、専門病院で再検査した結果肺ガンの何期との診断で、即入院し抗がん剤まで飲まされて大騒ぎになった。しかし親族を集めて話を聞く段階で、ガンらしきものが影も形もなくなったという不思議な話。

その後、命拾いをしたということで、フォルクスワーゲンの新車を買い、奥さんを乗っけて温泉に出かけたところまではよかったが、トラックに追突されて意識不明になった。これが二度目の危機。その後も脳に水がたまって大ピンチになったが、水を4回ほど抜いたら元気になったとか。新車は一日も乗らないでポンコツになったそうだ。

彼は数年前に最愛の息子を20歳で自動車事故で亡くしている。これも大変気の毒なことであったが、今回の二度のピンチは息子の霊が助けてくれたのではないかという、いかにも非科学的な結論であるが皆納得せざるをえなかった。

by kuchan-nikki | 2005-11-12 23:58 | ひとこと | Trackback | Comments(0)

ブロッコリー初収穫   

c0013438_15163586.jpg
今朝の出勤前、ようやく夜が明けた頃に畑を見回るとブロッコリーのひとつが随分大きくなっていた。時間がないので家内に収穫を頼んで家を出た。(宮仕えのつらさよ!)

先ほど携帯メールで収穫物の写真を送ってくれた。花穂の直径が20センチメートルほどもある立派なブロッコリー。やったね!!

虫もついていないという。寒くなってきたせいもあるが、植物に勢いがあると虫もつきにくいようだ。

by kuchan-nikki | 2005-11-10 15:16 | さいたま | Trackback | Comments(3)

続・砂遊び   

畑を耕すと、待っていたように小動物が訪れます。真っ先に「すずめ」がやってきます。耕したあとに虫がうろついていたりするのを狙っているのでしょうね。

すずめはかわいいですよ。土が乾いていると、ちょっとしたくぼみを見つけてせっせと砂浴びをします。ひとつのくぼみから隣のくぼみへ移ったりして、まるで温泉の湯船を渡り歩いているように楽しんでいます。整地した畑の上に、子供のこぶし大のくぼみができていれば、それは彼らが遊んだ跡なのです。

整地した畑は犬や猫も狙っています。折角蒔いた種が被害を受けるので困ったことなのですが、きれいな畑で用を足すのは彼らも気持ちいいんでしょうね。かくて、公園の砂場はお母さん方に敬遠される結果になるんですが・・・。

日本狭しといいながら、各地に休耕田や荒地があふれている。一方では、狭い都会で部屋に引きこもり悶々としている若者が増えているという現実。このような若者を荒地に解放すれば身も心も癒されると思うのですが・・・・。

by kuchan-nikki | 2005-11-08 10:29 | ひとこと | Trackback | Comments(0)

砂遊び   

今日も朝からHさんが黙々と畑づくりに精を出している。 実に楽しそうだ。 かく云う自分も寸暇を惜しんで家庭菜園に励んでいる。 家庭菜園とは一体なんだろうと考えてみると、これはまさに『砂遊び』だと思う。

最近は公園の砂場も、お母さん方の「汚い」という一言で敬遠されてかどうか、子どもが遊んでいる姿を余り見かけなくなったようであるが、砂場で遊んでいる時ほど楽しそうな子どもの姿はないように思う。

家庭菜園も没頭できる点では砂場と同じである。 砂場でお城やトンネルを作っている時と同じく、出来上がったときの様子を夢見ながら畑いじりをしている。 そして、泥んこになってお母さん(妻)に小言を言われるところも同じである。

砂場で思いっきり遊ばせれば想像力豊かな子どもが育つように、家庭菜園という砂場で思いっきり遊んだおとなは健康で心豊かなシニアに育つと思うが如何。

by kuchan-nikki | 2005-11-06 15:06 | ひとこと | Trackback | Comments(5)