<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

清酒『九重桜』醸造元 大瀧酒造   

見沼たんぼ未来遺産プロジェクトで発行している「見沼旬彩」の秋号で近くの大瀧酒造を紹介することとなり、先日蔵元を訪ねて当主の大瀧榮壽氏から話を聞き醸造所内を見せてもらった。
同じ「瀧」仲間であるのと、自分自身も醸造に縁があるので話が弾んだ。

掲載予定の紹介記事:

 眼下に広がる膝子のたんぼを一望し、はるかその先に銀色に輝くつばさを広げた「埼玉スタジアム2002」を望む格好の地に大瀧酒造があります。明治17年に創業し、以来134年、当主大瀧榮壽氏は5代目。各種品評会で数々の受賞に輝き、全国新酒鑑評会では通算12回も金賞を受賞したさいたま市を代表する蔵元です。

 酒造りに大切な米は自前のたんぼで育て、水は敷地内の井戸水を使っている。ここで醸造される酒はまさに《見沼たんぼの恵み》といえます。代表銘柄の「九重桜」は芳醇な吟醸、個性豊かな純米酒、旨味深い本譲造酒を取り揃え、呑み飽きしない味を醸しています。名前の縁で大相撲の九重部屋から特別注文を受けたこともあるそうです。

 「酒米はいろいろ試しているが、昨年採用した“彩のみのり”は辛口の大変旨い酒になった。搾りたての生酒はアルコール分が20度もあり旨いので是非味わってみてほしい」と勧められた。今年の搾りたて生酒は12月15日頃から蔵元で販売されます。

 所在地:見沼区膝子663番地 Tel 048-683-3006 Fax 048-683-3016
 ホームページ:http://otakisake.com/

c0013438_10141921.jpg
c0013438_10131471.jpg
c0013438_10133945.jpg
c0013438_10135425.jpg


[PR]

by kuchan-nikki | 2018-07-30 10:57 | さいたま | Trackback | Comments(0)

猛暑の農業体験教室   

連日の猛暑の中、一昨日の土曜日は開催を午前中に変更し時間を短縮して農業体験教室を実施。落花生畑の草取りを行ない、エダマメを試食しました。
ブロッコリーの苗づくりはやり方を指導して、ポットと土と種を持ち帰り次回までに家庭で育ててもらうことにましした。
水分補給は氷水で冷やしたキュウリに塩をかけてパリパリと楽しい経験で子どもたちは大喜び。最後に大きなカボチャを一つづつもらってみんなえびす顔で帰りました。
c0013438_08112405.jpg

c0013438_08145273.jpg
c0013438_08154162.jpg
c0013438_08161144.jpg
c0013438_08164232.jpg
c0013438_08162715.jpg

[PR]

by kuchan-nikki | 2018-07-23 08:20 | シニア仲間 | Trackback | Comments(0)